ラリルレハワイのブログ

ハワイLOVER 渡ハ3回ですが皆さんのお役に立てたらうれしいです

ハワイ旅行 予約トラブル後編

こんにちは

ラリルレハワイです。

 

2019年7月のハワイオアフ島旅行の予約であったトラブル後編です。

rarirurehawaii.hatenablog.jp

 

2019.7の10泊で、家族三世代7人の旅行を計画しました。

予約は基本的にパパと私が担当しています。

 

 

 

イリカイのコンドミニアム予約 

2018年9月

エアアジア関空オアフ島往復7名分の航空券を無事予約できたので、宿泊先もあわせて予約しました。

個人所有のイリカイホテルのコンドミニアムを10泊でbooking.comで予約。

7名宿泊可能な2ベッドルームで、広ーい2つの寝室とリビングルームとフルキッチン、それに2つのバスルームのあるかなり広い部屋です。税抜きで、なんと約3000ドルだったんです。10か月前ですと、これ以外にもかなりお手頃価格のイリカイのコンドミニアムが多数見つかりました。この物件が最安値でした。

イリカイコンドミニアム 10泊 

2940ドル (14.96%税別、一泊25ドル市税別、清掃費415ドル別)

この時点で2022.41ドルを一時金として支払いました。

 

ということで、10か月前には航空券も宿泊先も予約完了

あとはワクワクして過ごすだけでした。

 

 

イリカイコンドミニアム突然のキャンセル

 2019年3月4日

イリカイコンドミニアム 一方的にキャンセルされる 

booking.comから英文の1通のメールがパパに届きました。

なんと、コンドミニアムのオーナーが売却してしまい、新しいオーナーは短期の貸し出しはしないので、泊まれませんとのこと。前金の約2000ドルは返金するとのこと。

 

2019年3月5日

インペリアルホテルパームスイート2部屋予約 4,900ドル 

14.96%の税別 1泊10.47ドルのリゾートフィー別途

キャンセル料無料のインペリアルホテルをとりあえず予約しておきました。

この時点で7名で泊まれるイリカイは10泊7000ドル位の部屋しか残っていませんでした。

 

2019年3月10日

booking.comからのホテル提案 

ステイコンドミニアムワイキキ 1ベッドルームファミリースイート 2部屋

3,696ドル 税、サービス料別

に泊まれば、差額の756ドルを滞在後に返金しますとのこと。

英語でメールが届きました。

調べてみると、ステイコンドミニアムワイキキは、イリカイコンドミニアムとは全くかけ離れていて、泊まる気がしなかったので、インペリアルホテルをこちらからbooking.comさんに提案してみました。

ここまでのやりとりは英語でのメールでした。

 

このあと、日本人の担当の方がついてくれたようで、それ以来、日本語でのメールのやりとりで、すばやい返答がもらえるようになりました。

 

かわりにインペリアルホテル予約確定

返信の日本語のメールは

インペリアルリゾートワイキキに宿泊ですと、差額は全額保証できない。最大756ドルまでインペリアルリゾートワイキキに滞在後、領収証の写しをメールで送って頂ければ払い戻しできるよう善処いたします。(善処するっていうのは確約ではない?)

でした。

そこで、イリカイコンドミニアムをキャンセルして、インペリアルリゾートワイキキに宿泊することにしました。

インペリアルリゾートワイキキはかなり直前までキャンセル無料なので、他にいいホテルやコンドミニアムが見つかれば、変更しようと定期的にチェックしていましたが、結局、インペリアルリゾートワイキキに泊まりました。

 

宿泊先予約まとめ

イリカイコンドミニアムの所有者の方にはとても腹が立ちましたが、booking.comさんの対応はとても良かったです。

最初は、英語のやりとりでしたが、途中から日本人の担当者が決まると、そこからはスムーズに返信がくるようになり、しっかりした予約サイトだと思いました。

 

追記 2019年5月

大学生の姉のテスト期間が、旅行にかぶることが発覚( ;∀;)

姉の分だけ往路の航空券を変更しました。ANAのコールセンターの方の誘導で、パパが無事、パソコンで変更完了しました。

 

 

ここまでが予約トラブルの一部始終です。

10か月前にはりきって予約したフライトも宿泊先も結局は変更となりました。

文章がながーーーくなってしまいごめんなさい。

 

どなたかの参考になればうれしいです。

rarirurehawaii.hatenablog.jp

 

 

 

 

 

 

 

ハワイ旅行 予約トラブル前編

こんにちは

ラリルレハワイです。

 

2019年7月のハワイオアフ島旅行の予約であったトラブルを紹介します。

私は2019年7月後半10泊での家族三世代7人の旅行を計画しました。

予約は基本的にパパと私が担当しています。

 

 

 

エアアジアで航空券を予約 

2018年9月

最近、格安航空としてよく聞くエアアジア。ハワイ便が就航したことで、一気に知名度があがりましたよね。値段の安さにつられて口コミなどあまり確認せずに、予約してしまいました。

カテゴリーはプレミアムフレックス。2回までチケットは無料で変更可能。座席指定可。20キロまでの預け荷物。1回の食事付き。優先チェックイン。

木曜出発だと安いので、金曜出発をやめてあえて木曜出発にしました。

関空ーオアフ往復 7名(小中学生2名含む)で41万970円。安い!

 

それにあわせて個人所有のイリカイホテルのコンドミニアムを10泊でbooking.comで予約しました。

イリカイコンドミニアム 10泊 

2940ドル (14.96%税別、一泊25ドル市税別、清掃費415ドル別)

この時点で2022.41ドルを一時金として支払いました。

イリカイコンドミニアムの予約トラブルに関しては後編で詳しくご紹介しますね。

 

ということで、10か月前には航空券も宿泊先も予約完了。

あとはワクワクして過ごすだけでした。

 

 地元から関空までのピーチ予約 

2019年2月2日 

 エアーアジアは、台風などの自然災害がおこった時の対応がよくないなどの口コミをあとから読んで、少し不安にはなっていました。

乗り継ぎがうまくいかなかったらどうしようと心配だったので、十分な乗り継ぎ時間をとり、地元から関空までのフライトをLCCのピーチで7人分予約しました。

念のため、予約変更が無料でできるバリューピーチで予約しました。キャンセルはできませんが、キャンセルの場合は、ピーチポイントで戻ってきます。6か月以内に使わないとポイントは自動的に消滅します。

つまり、変更はできますが、キャンセルは不可です。

 

エアアジア突然のキャンセル連絡

 同日2019年2月2日 

ピーチの予約をした夜、マレーシアから夜中にパパの携帯電話に留守電が入っていました。

英語で早口。電話なのでかなり聞き取りづらい(;´Д`)

 

家族みんなで聞いた結果、

どうやらフライトのことらしい←このレベル( ;∀;)

キャンセルになったらしい

 

日中、パパの携帯電話に再び、英語で、エアアジアから

 予約していたフライトがなくなったので、翌日のフライトに変更になった

 と電話がかかってきました。

日程変更は困る。キャンセルした場合、全額返金可能か?

と確認。

 

返答を待つ間に、急いでANAのフライトに空席があるかを確認もしました。

 

ANAのフライト予約 エアアジアキャンセル

2019年2月6日

ANA 成田ーオアフ島 7名分予約 84万5030円 

 

急なキャンセルと聞いて今後の動向も不安になりました。

エアアジアは何かまた変更などがあったら面倒だとも考えました。

 

全額チケット代金を返金してくれることを確認した後、安心のANAの航空券を予約。

ちなみに、7人分の予約入力って結構大変なんですが、私は好きなので私がいつも入力しています。

同時に、エアアジアはキャンセルしました。比較的早い時期に返金となりました。

 

ピーチ国内線キャンセル

関空までの国内線ピーチ予約分は、キャンセルできません。

ポイントでもどってくるバリューピーチで予約していたので、ピーチポイントがつきました。6か月以内にポイント消化しなければならないんですね。

 

あと1日、ピーチの予約を遅らせていれば、こんなことにはならなかったので後悔しています。

 

フライト予約まとめ

エアアジアは、英語だとメール返答は比較的すぐに戻ってきましたが、不安だったので日本語でもメールで問い合わせをしました。日本語で返答だと3-4日かかりました。でも、英語、日本語両方でメールを確認できたのは良かったです。ちなみに、エアアジアの日本語のコールセンターは混んでいて全く通じなかったそうです。

 

エアアジアはChatやTwitterでも連絡できます。ただし、英語のみです。急いでいるときは、こちらのほうが便利そうですね。エアアジア予約トラブルの体験談を読むと、電話で連絡が来るっていうのは珍しいようです(;^_^A

 

あとで知ったのですが、エアアジアは、旅客数が少なく、フライトを運行すると利益がでないと判断した場合はキャンセルすることがあるということです。普通、欠航の理由は、主に天候不順や機材故障ですが、エアアジアの場合は商業的理由もあるのです。commercial reasonsと表記されます。

 

エアアジアは、少々英語ができて、日程変更が柔軟にできる少人数で旅行する方たちにむいているかと思います。

値段は言うまでもなく、とってもお得です!

 

ANAを予約してからは、安心して過ごすことができ、とても楽でした。

結果的には就航したばかりのANAの新型であるA380型機フライングホヌに、往復搭乗でき、よかったです。

 

ハワイ旅行予約トラブル後編に続く

rarirurehawaii.hatenablog.jp

rarirurehawaii.hatenablog.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エンバシースイーツバイヒルトンワイキキ 施設編

こんにちは

ラリルレハワイです。

今日はエンバシースイーツバイヒルトンワイキキ施設を紹介しますね。

 

 

まず、プールです。

プールはこぢんまりとしていますが、十分楽しめるプールだと思います。

大人だと足が余裕で届くプールです。深い所でも1.4メートルくらい。子供用の浅いプールジャグジーもあります。浮き輪やフロートは使えました。

 

リクライニングできるイスはプールの周りにたくさんあり、いつも空いています。

ゆったり過ごせて快適でしたよ。テーブルとイスも所々にありました。

 

プールサイドには黄色と白のストライプのタオルが山積みになっていて便利でした。

 

また、プールサイドにはバーがあり、軽食も食べることができます。

 

毎朝従業員の方がきれいに清掃していました。

とてもきれいで気持ちいいプールでした

 

 

また、エンバシースイーツバイヒルトンワイキキの魅力の一つにイブニングレセプションがあります。時間は17:30-19:00で、4階のプールサイドで毎日あります。

 

部屋に持ち帰っても飲めるので、部屋でデリを買ってきてゆっくりできるのもよかったです。

 

曜日によって生演奏もあり夕方の雰囲気はとてもよかったです。

 

ちなみにイブニングレセプションでの飲み物の提供はすべてプラコップでした。

 

 

エンバシースイーツバイヒルトンワイキキフラタワーとアロハタワーの二つに分かれています。フラタワーのほうがビーチに近い建物になります。

 

コインランドリー3階フラタワーとアロハタワーの両方にあります。洗剤も売っています。以前はクオーターをたくさん入れなければならなかったのですが、最近ではカード決済できるようになったようです。便利ですね。

 

各階にアイスディスペンサー自販機も廊下にあります。

 

 以上エンバシースイーツバイヒルトンワイキキ施設編でした。

rarirurehawaii.hatenablog.jp

rarirurehawaii.hatenablog.jp

 

 

エンバシースイーツバイヒルトンワイキキ 朝食編

こんにちは

ラリルレハワイです。

 

今日はエンバシースイーツバイヒルトンワイキキ朝食をご紹介しますね。

私の1番気に入っているポイントでもあります。

 

エンバシースイーツバイヒルトンワイキキでは、朝食ビュッフェが宿泊者全員無料です。無料にしてはとてもクオリティが高いと思います。朝食無料なホテルだとコンチネンタルブレックファストが多いので。

 

サラダ、フルーツ、ヨーグルト、ベーコンやソーセージ、パン、パンケーキ類、シリアル、卵料理、みそ汁、ご飯など。ほぼ、毎日基本的に同じメニューですが、パンやパンケーキの種類や果物が変わる程度です。工夫次第で毎日でも飽きないと思います。

 

 

卵料理は、具をボールに好きなだけ選んでいれてシェフに渡すとオムレツにしてもらえます。

チーズは入れる?って聞かれます。チーズは大量なのでいれてもらう場合は、覚悟してくださいね。少しだけという注文もできますよ。

チェダーチーズだったと思います。

私は目玉焼きが大好きなので、目玉焼きをつくってもらいました。

白身だけでのオムレツを注文している人もいましたよ。

オムレツはとても大きかったので家族と半分にする日もありました。

 家庭的でカジュアルな巨大なオムレツお気に入りでした。

オムレツのカウンターには、シラチャーソースが用意してあるので、辛いのが好きな方におすすめです。シラチャーソースは、タイ生まれのソースでアメリカでは大人気なんですよ。私は辛いのが苦手なので食べたことがないのですが、ケチャップに飽きたら、是非試してみてくださいね。いつもあるのかは不明ですが。 

 

パンは、アメリカの普通のスーパーで売っているようなカジュアルなタイプのパンで、私は大好きです。ベーグルやマフィンの日もありましたよ。トースターもあるので焼いて食べるとおいしいです。

 

ジュースは、定番オレンジ、パイナップルジュース、レモネードなど。ソーダ類ももちろんあります。コーラ、ダイエットコーラ、スプライトなど。

コーヒーや紅茶もありました。コーヒーはアメリカによくあるようながぶがぶ飲めるタイプだそうです。デカフェのコーヒーもありました。牛乳もありますのでカフェオレも作れました。

 

部屋に持ち帰れるように、紙コップも用意してあるので、食後に飲み物を持ち帰って、お部屋でゆっくりもできてよかったです。

 

残念ながら、口コミで朝食がいまいちとのコメントをよくみかけます。

アメリカの普通の家庭の朝ごはんと思えば、とてもおいしいカジュアルな朝食だと思いますよ。ラグジュアリーホテルの朝食ビュッフェとは別物です。それに、朝食を外食しようと思うと物価が超高いハワイでは毎日は大変です。ABCストアで買ってきて部屋でたべようとしても、ジュースや牛乳、パンも結構な値段します。

 

みそ汁はいまいちだったそうです。出汁が全くきいていない(;'∀')

この点だけは残念ポイントかもしれません。でも、せっかく外国にきているので和食は一切食べない私にはあまり関係ありませんでした。

 

朝食ビュッフェは、毎朝6:30-10:00までです。場所は4階グランドラナイ

特に入り口で宿泊者かどうかの確認はされたことはありませんでしたが、現在はチェックイン時に渡されるリストバンドを腕につける必要があるようです。

 

私はすいている6時台にいつも食べに行っていました。この時間帯だとオムレツコーナーが混んでいることはなかったです。

席はオープンエアで、気持ちいいです。外のテーブルもあります。

外なので鳩には注意してくださいね。

 

エンバシースイーツバイヒルトンワイキキ朝食編は以上です。

 

 

 

 

 

エンバシースイーツバイヒルトンワイキキ 部屋編

こんにちは

ラリルレハワイです。

 

今日は私の1番大好きなホテル

エンバシースイーツバイヒルトンワイキキを紹介しますね。

 

私は2012年、2017年の2回、泊まりました。

日本人はあまり利用していませんでした。

 

このホテルは全室スイーツなんです!

すべての部屋に寝室とリビングルームがあるということです。

しかも2ベッドルームの部屋があるので大人数にも対応できます。

 

私は三世代7人でいつもハワイに行くのですが、7人で一部屋に宿泊できるところを探すのはとても大変です( ;∀;)

 

ワイキキ、ホテル、7人

 

で部屋を検索してもなかなかでてきません。6人だと結構たくさんありますよ。

エンバシースイーツバイヒルトンワイキキは7人で1部屋に泊まれるので、そんな家族にもおすすめします。私の家族構成は、大人5人、子供2人です。17歳以下は子供としてカウントできます。

 

ちなみにツアー会社や、booking.comで検索してもエンバシースイーツバイヒルトンワイキキは1部屋に7人宿泊はできないと書かれています。6人まで可となっています。

 

公式ホームページだと7人で予約ができます。しかーし、ここでもなぜか時期によって6名までしか予約できない時もあるのです。理由は謎です(;^ω^) その時は、ホテルに直接メールしてやりとりしたら大人5人、子供2人大丈夫ですよ。と回答がきて、無事予約できたこともあります。ちなみに公式ホームページは日本語です。

 

そして予約する前にヒルトンオナーズに入会するとお得です。無料で登録できます。当時は登録してから公式ホームページからの予約だと4泊泊まると1泊無料でした。時期によってどのような特典があるのかはわからないので確認してみてください。

 

また65歳以上が1名でもいれば15パーセントオフの特典が利用できますので、3世代で旅行する人におすすめします。

 

そして、早めに予約すればするほど安いです。安い部屋から予約が埋まっていくからなんでしょうか、だんだん値上がりしていきます。1年前予約だと全然手が届く値段の部屋があるのですが、直前だと2ベッドルームが10泊80万円~100万円超える部屋しかなかったりします。

(そのため2019年はインペリアルリゾートワイキキに泊まりました。いろいろあったのでこの件はまた記事にします)

 

部屋の予約はいつも個人手配なのですが、公式ホームページだと上記の特典が利用できるので、対象の方にはおすすめします。

 

リゾートフィーエンバシースイーツバイヒルトンワイキキにはありません。これは大きいですよね。一泊40ドルなんてホテルも最近増えてきたのでこの点も超お得です。

 

泊まった部屋は2ベッドルームです。

 

キングサイズベッド1台の寝室

リビングルーム

クイーンサイズベッド2台の寝室

(キングサイズの寝室が2部屋だと定員6名になります)

 

の3部屋です。

そして、寝室それぞれにバスタブつきのバスルームがあります。

ラナイは狭いですが、それぞれの部屋にあります。

 

リビングルームにはソファベッド、テーブルとイス、ミニ冷蔵庫、ミニバー、電子レンと充実しています。

 

口コミでは、スイーツと書いてあるのに全然豪華じゃないとか、ヒルトンなのに質素だなどとよく見かけました。

スイーツとは寝室とリビングが別になっている部屋という意味ですし、エンバシースイーツバイヒルトンワイキキは、カジュアルな雰囲気が良い所なので、ラグジュアリーさを求めている方には向いていませんが、子連れや三世代での旅行にはゆったりくつろげるスペースが魅力ですよ。

 

場所はビーチウォークそばにあり、ワイキキ中心地までも近いです。ホテル向かい側にはデリが超充実しているABCストア38号店と24時間営業のアメリカンなデニーがあります。ヤードハウスもすぐ隣です。

 

オンザビーチではありませんが、ハレクラニホテルやワイキキショアの横の道をすすめば、ビーチまで1~2分くらいで出られます。ワイキキビーチのど真ん中ではありませんが、日本人も少なく、穏やかで落ち着けるビーチです。

 

オンザビーチのホテルではありませんので、海が目の前にバーンの部屋はありませんが、ハレクラニホテルやワイキキショアの奥に見える部屋もあります。私はあまり部屋からの景観は気にしないので、その時のに任せています(;^_^

 

以上エンバシースイーツバイヒルトンワイキキ 部屋編でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インペリアルリゾートワイキキ 番外編

こんにちは

ラリルレハワイです。

 

インペリアルリゾートワイキキ 番外編です。

 

実は、ちょっとしたトラブルがありました。

隣の部屋に泊まっていた家族のセイフティボックスが開かなくなりました💦

中にはパスポートなどの貴重品が入っています。

 

セイフティボックスは、暗証番号4桁を入力して、開け閉めする、一般的なものです。番号間違って入力したのか理由は分かりませんが

 

母が電話は苦手なので、ロビーまでいって、受付にいた男性の人に直接トラブルの説明をしました。

どうしよう・・・と焦っていたのですが、

 

ニコニコ

マネージャーがカギ持っているのですぐ行くね

部屋で待ってて

 

とのこと。

部屋で待っていると5分もしないで来てくれて、カギで開けてくれました。

 

でも、チップを渡すのを忘れてしまいました

 

従業員の方たちの素早い対応で、ますます好印象♡となりました。

 

 

注意したほうがいいこと

 

インペリアルリゾートワイキキの客室ドアはオートロックですが、きっちり閉めないと半ドアのようになってカギがかかっていないことがありました。隣の部屋にちょこっとお邪魔するときは、とても便利でわざと半開け状態でいったりしました。

 

でも私たちの部屋の向かい側の部屋は

Don't disturb

とドア外にかけてありましたが、ドアがきちっと閉まっていなくて、鍵がかかっていませんでした。

 

お出かけの際は、一応、カギがかかっているか確認したほうがいいです

 

以上番外編でした。

 

rarirurehawaii.hatenablog.jp

rarirurehawaii.hatenablog.jp

rarirurehawaii.hatenablog.jp

 

インペリアルリゾートワイキキ 施設編

こんにちは

ラリルレハワイです。

今日はインペリアルリゾートワイキキの施設について詳しく紹介していきます。

 

エントランスはいって、右側のカウンターでチェックインをします。

私たちが到着したのは10時前でしたが、すんなりチェックインできましたよ。

 

 

チェックインは16:00~、チェックアウトは~11:00となっていますが、お部屋の準備ができていれば、チェックインできるようでした。

 

私たち家族は7名だったので、2部屋の予約をbookinng.comで、なるべく近くの部屋をリクエストしていました。リクエストは確約ではありませんが、隣同士の1403と1404号室に、到着してすぐ入ることができました!

 

 

カギはカードキーで、一部屋につき何枚必要かと聞かれました。

私たちは各部屋2枚ずつもらいました。

 

チェックインを担当してくれた女性の方は、日本語は全く話しませんでしたが、もう1つのカウンターにいた男性の方は片言の日本語が話せていました。

でも、日本語はほとんど通じないと思ったほうがいいと思います。

 

プールは、屋上にあります。

8:00a.m.~10:00p.m.まで利用できます。

こじんまりとしていて、人はあまりいませんでした。

手前側は足が届きますが、奥のほうは大人でも全く足が届きません。

浮き輪使用禁止、幼児用の腕輪はOKでした。

 

 

インペリアルリゾートワイキキのエレベーターは3基あり、部屋側に近い一基のみが屋上まで直通で行けます。他の2基は屋上までいかないので26階で降りて、To Poolとかかれたドアを開けて階段をのぼっていくと屋上に行けます。

 

ルームキーがないとプールエリアに入れないので、忘れないようにしましょう。

 

 

インペリアルリゾートワイキキは、長期滞在の旅行者が多いせいか、コインランドリーが充実していました。2階にあります。駐車場を通りぬけるとすぐ見えます。台数もこの規模のホテルにしては多いかと思います。

 

洗濯機は2.5ドル、乾燥機は2ドルです。すべてコインのクオーターで払います。すぐそばに洗濯洗剤の自販機がありました。クオーターの両替機もありました。

 

両替機が故障している日があったのですが、一階のカウンターで両替をお願いしたら、快く両替してくれました。数日後、再び洗濯しにいったら、両替機は使えるようになっていました。

 

洗濯機はすべて最新式のものに最近入れ替わったみたいで、新しくて快適でした。

 

操作は簡単です。汚れの付き具合を選んで(うちはいつもmedium)スタート。終わるころに乾燥機に入れ替えに戻ってきます。乾燥機は時間を選んで(うちは30分か40分)スタートするだけです。

 

洗濯機と乾燥機を囲むように大きめの机があり、そこで本を読んだりコーヒーを飲んで待っている人もいました。その机で洗濯物を畳んでいる人もいました。外に面しているので開放感があります。

 

 

駐車場脇にはジュースの自販機とアイスディスペンサーがあります。ちなみに屋上プール脇にもアイスディスペンサーがあります。

氷が必要な時はこの2階の駐車場脇か、屋上プールまで行く必要があります。各部屋にアイスディスペンサー用の氷入れがあるので、それを使うと便利です。

 

 

インペリアルリゾートワイキキは、毎日はハウスキーピングがはいらないのですが3階にあるハウスキーピングルームにいけば毎日新しいタオルを交換してもらえます。

 

バスマット、バスタオル、ミディアムタオル、フェイスタオル、ビーチタオル(青色)のそれぞれの枚数を言えば、同じ枚数のタオルをもらえます。ほんのり温かいタオルでした。私は2部屋分だったので、毎日大量のタオルを交換しに行ったのですが、楽しかったです。

トイレットペーパーももらえます。なくなる前にもらっておきましょう。

ここで炊飯器も借りることができるようです。

 

サウナとフィットネスジム3階にあります。

 

施設も整っているインペリアルリゾートハワイに是非泊まってみてください(^▽^)/

rarirurehawaii.hatenablog.jp

rarirurehawaii.hatenablog.jp

rarirurehawaii.hatenablog.jp