ラリルレハワイのブログ

ハワイLOVER 渡ハ3回ですが皆さんのお役に立てたらうれしいです

英語を勉強

こんにちは

ラリルレハワイです。

今日は英語の勉強について紹介しますね。

 

ハワイはアメリカ合衆国にあるので英語が第一言語です。

当たり前です。

日本人の観光客が多いので、日本語表記や日本語が話せるお店の人がいるのは事実です。便利ですねー。その中だけで行動したり、日本人だけのツアーに参加するのであれば、正直英語を使う機会はほとんどないかもしれません。いわゆるパック旅行での参加の場合もそうなるのかもしれません(経験ないので断言できずすみません)。

 

実際、ハワイに旅行に行ったけれども、英語を使う機会は全くなかったという人もいらっしゃると思います。

でもそれはワイキキ周辺の特に日本人観光客が多く集まる場所でのことです。

 

 

 

例えば、お気に入りのお店デュークスワイキキは、ワイキキのど真ん中にあるけれども、日本語は全く通じません。メニューは日本語のがあります。

ローカルや本土の観光客に人気のお店で、「外国に来たー(^o^)/」を実感できます。

私の家族のお気に入りのワイキキのお店はそういう日本語が通じないお店が比較的多いです。

 

お店に着くと必ずHow are you ?みたいに聞かれます。

このお店初めて?とか今日何した?とか席に着くまでの移動でも、話しかけられます。

Good, good, and you?みたいにすぐに返事をしないと会話に置いて行かれ、あぁ英語話せないのね・・・と思われ、あとは特に質問されないことが多いです。

 

ツアーで一緒になった人や、ビーチで隣になった人、タクシーの運転手さんなどとも、英語が少しでもできたら旅はもっと思い出深いものになると思います。

 

ということで、

より楽しいハワイ旅行にするために、英語習得はしておいたほうがよいはずです

(必要条件ではないですが)。

 

また、病気やトラブルの時も、少しでも話せるほうがいいに決まっています。

 

前書きが長くなりましたが、英語を少しでも話せるようになるために私が実践している勉強方法をご紹介しますねー。

 

 

 

 

YouTube

一つ目は、お気に入りのユーチューバーを見つけてひたすら楽しむ。

もちろん英語のチャンネルですよ。

同世代の外国での生活ぶりをみるだけでも楽しいです。

ゲームの中継をみるのもgood

好きなことなので全く勉強という感覚はありません。

YouTubeでは、英語の字幕をつけられるので、字幕をつけてみることも可能です(字幕は正しくない時がありますが)。

 

二つ目は、英語のレッスンをしてくれるユーチューバーの動画をみる!です。

スタバやサブウェイでの注文の仕方、ホテルでの文法、理解しにくい似たような言葉、勉強の仕方のヒントなど、様々なコンテンツが盛りだくさんです。

しかも無料!ですよ。

使わない手はないです。

 

ドラマ

お気に入りのドラマをみつけてみまくる。

アメリカのドラマは長期にわたって放送されるので、登場人物に感情移入しやすいのでおすすめです。

ハラハラドキドキのアクションものよりも、ホームコメディなどがおすすめです。

私は、フルハウスと続編のフラーハウスにはまりました。

このドラマでかなり英語に慣れたと思います。

動画配信サービスも沢山あるので、使いやすい配信会社を選んでみてください。

 

 

 日記を書く

 毎日ではなくても週末だけとか、出来事や思ったことなどを書いてみてください。

本当に簡単なことでいいです。

私の場合、どんどんいろんなことについて英語で書いてみたくなり、語彙が増えました。

毎日の積み重ねがとても大事だと思います。

 

 

オンライン英会話

これ、意外と始めるのが一番難しいかもしれません。

でも、これが一番有効だと思います。

 

まずハードルが高い原因の1つは、オンライン英会話の会社がたくさんありすぎてどれにしたらよいかわからない。

 

毎日1レッスン、毎日好きなだけ、週に決められた回数、チケット制、家族割引がある、アカウントを共有できる、など選択肢がたくさんありすぎです。

パソコンの前でどれにしようかなぁと迷っている間に、時間が過ぎているなんて事態になっていること多いかも。

無料体験がどこの会社にもあるので、迷うくらいなら思い切って予約を入れてしまうのが一番早いですよー。

 

 

ハードルが高い二つ目は、ネイティブスピーカーじゃなくて大丈夫?と疑問に思っている人が多いことです。

 

実際、低価格のオンライン英会話の会社では、ネイティブスピーカーではない先生がメインです。フィリピンやセルビアなどの先生が多いですね。

 

でも、初心者は特にネイティブスピーカーにこだわる必要はないです。

フィリピンの先生は特に、やさしくて聞きやすい英語のことが多いので、初めての人にはおすすめです。

英語を努力して習得しているので、私達がつまづきやすい部分も理解してくれます。

小学校から英語での授業を受けているフィリピンの先生たちの英語の運用能力は高いです。公的機関も映画も英語だそうです。

 

また、最近では日本人の先生もいる会社も多いので、どうしても自身がないという方は、日本人の先生、もしくは日本語オーケーの先生を選ぶことも可能ですよー。

 

とにかく、英会話教室に通うよりは圧倒的に値段が安いので、絶対に利用したほうがいいと思います。また、家にいながらレッスンできるので、時間の節約にもなります。

 

インターネットのおかげです。

便利な時代なので利用すれば、旅行がもっと楽しいものになると思います。

 

以上、私が実行している英語の勉強方法でした。

一気に全部実行するのは難しいので少しずつ実践してみてください。

参考になればうれしいです。

 

 

 

持ち物のおすすめ ハワイ旅行

こんにちは

ラリルレハワイです。

今日はハワイに旅行する時に持っていったら便利だよーという持ち物を紹介しますね。

 

 

宿泊先で便利

紙皿、ラップ、割りばし

部屋で食事をする時に便利です。

コンドミニアムでも箸がない時があるので、何かと便利。

ラップは残した食べ物の保存に利用できます。

 

塩コショウ、醤油

宿泊先で料理したい場合、最低限、塩コショウと醤油があれば日本人、なんとかなります(^^♪

目玉焼き、オムレツ、ステーキなどには欠かせないですよね。

塩コショウは小さいタイプ、醤油も小瓶を持っていきます。

短期宿泊や料理しない場合は必要ないですね。

 

栓抜き、ワインオープナー

コンドミニアム宿泊の場合はたいてい備品としてありますが、ホテル宿泊の時は絶対持参したほうがいいですよ。

パパ達必須の持ち物です(忘れてもABCストアでも売ってます)。

 

ハサミ

現地で買った洋服や水着の値札をとり外すときに欠かせません。100均で刃がしまえるミニタイプを持参。

 

ウェットティッシュ

食事前に手をふくだけでなく、フードコートで食事をする時にテーブルが汚れてる時にもなにかと便利です。

余談ですが、スーパーの入り口にはウェットティッシュがよくあって、それでショッピングカートの手で押す部分を地元の方たちは拭くようです。実際勧められました。

意外と清潔好き( ゚Д゚)

 

洗濯洗剤、洗濯ものを干すピンチ付きハンガー

洗剤は少量を持参するとコインランドリー利用の時に便利。

毎日洗う水着は手洗いしています。使用済みバスタオルで水分をとって、持参したハンガーでバスルームに干しています。ピンチ付きハンガーは100均で購入。

 

ラナイに干している方、結構みかけますが、ラナイに洗濯物を干すのは禁止されています。あと、室内のスプリンクラーにハンガーをかけないように気を付けてください。スプリンクラーに反応して部屋が水浸しになったら多額の請求がきてしまいます( ;∀;)

 

スリッパ

室内用のスリッパがないホテルもあるので持参します。100均で購入。

 

常備薬

目薬、風邪薬、正露丸、頭痛薬、胃薬、バンドエイドなど

疲れると結膜炎になりやすいので、使い切りタイプの結膜炎用の目薬は絶対持っていきます。

 

ビーチ編

水筒、保冷バッグやクーラーボックス

ビーチに行くときに氷をいれた飲み物を持ち歩くので水筒は必需品です。

我が家は折りたためる布製のクーラーボックスを持っていきます。昼食やスナックなどを購入してビーチに行くと、1日中ビーチで遊ぶ日にはのんびりできます。

 

携帯用の防水ケース

ビーチでスマホを使う時に欠かせません

 

移動・荷物編

ネックピロー

ハワイ便は行きは寝ていることになるので、できるだけ快適に過ごしたいです。寝ないと悲惨なことに( ;∀;)

お気に入りのネックピローは、ポンプ内蔵の手で簡単に膨らませることができるタイプです。お気に入りすぎて、家族全員同じのを持っています。

 

スーツケース用のデジタルスケール

スーツケースの重量オーバーはかなり面倒くさいことになるので、必ず帰国の前には、重さを計っています。最後に計量して、スーツケースに入れて帰国します。

 

ボストンバッグ、エコバッグ

帰国の時、いつも荷物がスーツケースに入りきらなくなるのでナイロン製のボストンバッグを持っていきます。また、ハワイでは買い物の際、エコバッグはどこでも必須です。袋代金がかかります。

 

番外編

JCBのクレジットカード

ワイキキトローリーのピンクラインが無料で乗れます。アラモアナショッピングセンターとワイキキを行き来するのに便利です。カード1枚で同乗の大人1名、子供2名(11歳以下)まで対象となります。カードなしでは2ドルかかるのでお得ですよねー。

 

ABCストアでJCBカードで支払うと利用代金から10%オフとなります(キャンペーンは予告なく終了となる場合あり2019年10月現在)。

またJCBのラウンジも無料で利用できます。2か所あるようですので、日本語で対応してもらえる場所として知っておくといいですね。

 

ゴープロ

防水ケースを利用すれば、海のなかでも美しい動画がとれますよー。

ハワイはどこを切り取っても絵になるので、散歩道、ドライブ中の景色を撮るのにも最適です。旅のお供に是非(^o^)/

 

 

パスポート、財布、クレジットカード、航空券、スマホ、着替えなどの必需品の他に、あるとハワイ滞在が快適になるおすすめのものばかりです。是非、参考にしてくださいね。

 

以上、ハワイ旅行で私が持っていく便利なものを紹介しました。

 

https://www.instagram.com/p/B3zAtqtnPu4/

朝のお散歩のときに撮影した写真🌺いつでもどこでも癒されるハワイの景色🌺今日のブログはハワイ旅行の時に便利な持ち物の紹介です。#ハワイ#ワイキキ#hawaii#waikiki#ハワイ旅行#ハワイ旅行持ち物#ハワイ好きな人と繋がりたい #ブログ更新しました #ブロガー

 

www.rarirurehawaii.com

 

 

 

ハワイ旅行 予約トラブル後編

こんにちは

ラリルレハワイです。

 

2019年7月のハワイオアフ島旅行の予約であったトラブル後編です。

rarirurehawaii.hatenablog.jp

 

2019.7の10泊で、家族三世代7人の旅行を計画しました。

予約は基本的にパパと私が担当しています。

 

 

 

イリカイのコンドミニアム予約 

2018年9月

エアアジア関空オアフ島往復7名分の航空券を無事予約できたので、宿泊先もあわせて予約しました。

個人所有のイリカイホテルのコンドミニアムを10泊でbooking.comで予約。

7名宿泊可能な2ベッドルームで、広ーい2つの寝室とリビングルームとフルキッチン、それに2つのバスルームのあるかなり広い部屋です。税抜きで、なんと約3000ドルだったんです。10か月前ですと、これ以外にもかなりお手頃価格のイリカイのコンドミニアムが多数見つかりました。この物件が最安値でした。

イリカイコンドミニアム 10泊 

2940ドル (14.96%税別、一泊25ドル市税別、清掃費415ドル別)

この時点で2022.41ドルを一時金として支払いました。

 

ということで、10か月前には航空券も宿泊先も予約完了

あとはワクワクして過ごすだけでした。

 

 

イリカイコンドミニアム突然のキャンセル

 2019年3月4日

イリカイコンドミニアム 一方的にキャンセルされる 

booking.comから英文の1通のメールがパパに届きました。

なんと、コンドミニアムのオーナーが売却してしまい、新しいオーナーは短期の貸し出しはしないので、泊まれませんとのこと。前金の約2000ドルは返金するとのこと。

 

2019年3月5日

インペリアルホテルパームスイート2部屋予約 4,900ドル 

14.96%の税別 1泊10.47ドルのリゾートフィー別途

キャンセル料無料のインペリアルホテルをとりあえず予約しておきました。

この時点で7名で泊まれるイリカイは10泊7000ドル位の部屋しか残っていませんでした。

 

2019年3月10日

booking.comからのホテル提案 

ステイコンドミニアムワイキキ 1ベッドルームファミリースイート 2部屋

3,696ドル 税、サービス料別

に泊まれば、差額の756ドルを滞在後に返金しますとのこと。

英語でメールが届きました。

調べてみると、ステイコンドミニアムワイキキは、イリカイコンドミニアムとは全くかけ離れていて、泊まる気がしなかったので、インペリアルホテルをこちらからbooking.comさんに提案してみました。

 

ここで、日本人の担当の方がついてくれたようで、この後は、日本語でのメールのやりとりで、すばやい返答がもらえるようになりました。

 

かわりにインペリアルホテル予約確定

返信の日本語のメールは

インペリアルリゾートワイキキに宿泊ですと、差額は全額保証できない。最大756ドルまでインペリアルリゾートワイキキに滞在後、領収証の写しをメールで送って頂ければ払い戻しできるよう善処いたします。(善処するっていうのは確約ではない?)

でした。

そこで、イリカイコンドミニアムをキャンセルして、インペリアルリゾートワイキキに宿泊することにしました。

インペリアルリゾートワイキキはかなり直前までキャンセル無料なので、他にいいホテルやコンドミニアムが見つかれば、変更しようと定期的にチェックしていましたが、結局、インペリアルリゾートワイキキに泊まりました。

 

宿泊先予約まとめ

イリカイコンドミニアムの所有者の方にはとても腹が立ちましたが、booking.comさんの対応はとても良かったです。

最初は、英語のやりとりでしたが、途中から日本人の担当者が決まると、そこからはスムーズに返信がくるようになり、しっかりした予約サイトだと思いました。

 

追記 2019年5月

大学生の姉のテスト期間が、旅行にかぶることが発覚( ;∀;)

姉の分だけ往路の航空券を変更しました。ANAのコールセンターの方の誘導で、パパが無事、パソコンで変更完了しました。

 

 

ここまでが予約トラブルの一部始終です。

10か月前にはりきって予約したフライトも宿泊先も結局は変更となりました。

文章がながーーーくなってしまいごめんなさい。

 

どなたかの参考になればうれしいです。

rarirurehawaii.hatenablog.jp

 

 

 

 

 

 

 

ハワイ旅行 予約トラブル前編

こんにちは

ラリルレハワイです。

 

2019年7月のハワイオアフ島旅行の予約であったトラブルを紹介します。

私は2019年7月後半10泊での家族三世代7人の旅行を計画しました。

予約は基本的にパパと私が担当しています。

 

 

 

エアアジアで航空券を予約 

2018年9月

最近、格安航空としてよく聞くエアアジア。ハワイ便が就航したことで、一気に知名度があがりましたよね。値段の安さにつられて口コミなどあまり確認せずに、予約してしまいました。

カテゴリーはプレミアムフレックス。2回までチケットは無料で変更可能。座席指定可。20キロまでの預け荷物。1回の食事付き。優先チェックイン。

木曜出発だと安いので、金曜出発をやめてあえて木曜出発にしました。

関空ーオアフ往復 7名(小中学生2名含む)で41万970円。安い!

 

それにあわせて個人所有のイリカイホテルのコンドミニアムを10泊でbooking.comで予約しました。

イリカイコンドミニアム 10泊 

2940ドル (14.96%税別、一泊25ドル市税別、清掃費415ドル別)

この時点で2022.41ドルを一時金として支払いました。

イリカイコンドミニアムの予約トラブルに関しては後編で詳しくご紹介しますね。

 

ということで、10か月前には航空券も宿泊先も予約完了。

あとはワクワクして過ごすだけでした。

 

 地元から関空までのピーチ予約 

2019年2月2日 

 エアーアジアは、台風などの自然災害がおこった時の対応がよくないなどの口コミをあとから読んで、少し不安にはなっていました。

乗り継ぎがうまくいかなかったらどうしようと心配だったので、十分な乗り継ぎ時間をとり、地元から関空までのフライトをLCCのピーチで7人分予約しました。

念のため、予約変更が無料でできるバリューピーチで予約しました。キャンセルはできませんが、キャンセルの場合は、ピーチポイントで戻ってきます。6か月以内に使わないとポイントは自動的に消滅します。

つまり、変更はできますが、キャンセルは不可です。

 

エアアジア突然のキャンセル連絡

 同日2019年2月2日 

ピーチの予約をした夜、マレーシアから夜中にパパの携帯電話に留守電が入っていました。

英語で早口。電話なのでかなり聞き取りづらい(;´Д`)

 

家族みんなで聞いた結果、

どうやらフライトのことらしい←このレベル( ;∀;)

キャンセルになったらしい

 

日中、パパの携帯電話に再び、英語で、エアアジアから

 予約していたフライトがなくなったので、翌日のフライトに変更になった

 と電話がかかってきました。

日程変更は困る。キャンセルした場合、全額返金可能か?

と確認。

 

返答を待つ間に、急いでANAのフライトに空席があるかを確認もしました。

 

ANAのフライト予約 エアアジアキャンセル

2019年2月6日

ANA 成田ーオアフ島 7名分予約 84万5030円 

キャンセルと聞いてエアアジアは面倒だと思い、全額返金してくれることを確認した後、安心のANAの航空券を予約。

ちなみに、7人分の予約入力って結構大変なんですが、私は好きなので私がいつも入力しています。

同時に、エアアジアはキャンセルしました。比較的早い時期に返金となりました。

 

ピーチ国内線キャンセル

関空までの国内線ピーチ予約分は、キャンセルできません。

ポイントでもどってくるバリューピーチで予約していたので、ピーチポイントがつきました。6か月以内にポイント消化しなければならないんですね。

 

あと1日、ピーチの予約を遅らせていれば、こんなことにはならなかったので後悔しています。

 

フライト予約まとめ

エアアジアは、英語だとメール返答は比較的すぐに戻ってきましたが、不安だったので日本語でもメールで問い合わせをしました。日本語で返答だと3-4日かかりました。でも、英語、日本語両方でメールを確認できたのは良かったです。ちなみに、エアアジアの日本語のコールセンターは混んでいて全く通じなかったそうです。

 

エアアジアはChatやTwitterでも連絡できます。ただし、英語のみです。急いでいるときは、こちらのほうが便利そうですね。エアアジア予約トラブルの体験談を読むと、電話で連絡が来るっていうのは珍しいようです(;^_^A

 

あとで知ったのですが、エアアジアは、旅客数が少なく、フライトを運行すると利益がでないと判断した場合はキャンセルすることがあるということです。普通、欠航の理由は、主に天候不順や機材故障ですが、エアアジアの場合は商業的理由もあるのです。commercial reasonsと表記されます。

 

エアアジアは、少々英語ができて、日程変更が柔軟にできる少人数で旅行する方たちにむいているかと思います。

値段は言うまでもなく、とってもお得です!

 

ANAを予約してからは、安心して過ごすことができ、とても楽でした。

結果的には就航したばかりのANAの新型であるA380型機フライングホヌに、往復搭乗でき、よかったです。

 

ハワイ旅行予約トラブル後編に続く

rarirurehawaii.hatenablog.jp

rarirurehawaii.hatenablog.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フライングホヌ 搭乗記

こんにちは

ラリルレハワイです。

今回2019.7で乗ったフライングホヌについて書きたいと思います

 

なんと行きも帰りもフライングホヌに乗ることができました。

ラッキー☆

行きはラニ、帰りはカイに乗りました。

 

機内はこんな感じです!

 

壁とかのデザインがかわいくて座席もすごく広かったです。

飛行機からすごい楽しめるのは嬉しいですよね(^▽^)/

f:id:rarirurehawaii:20191215120318j:plain



画面はもちろんハワイの写真

すでにハワイ気分(^^♪

映画、テレビ、ゲーム、音楽などなど…

私は数独やってましたww

 

 

行きの機内食はこちら

f:id:rarirurehawaii:20191215120110j:plain

普通においしかったです

ちなみにデザートはハーゲンダッツでした。

 

 

到着する前に出てきた軽食がこちら

かわいいパッケージのポッキーとマフィンでした。

 



帰りの機内食はこちら

f:id:rarirurehawaii:20191215120151j:plain

サラダが特においしく感じられました。

ハワイ滞在中の間、野菜不足だったのかもしれません(*^。^*)

 

そして!

デザートがマンゴーソルベでした。

私の大好物です。

ちょっと凍りすぎていて、カチカチで最初はなかなか食べられませんでしたが💦

最後までハワイを味わえました。

 

 

 

そろそろハワイに着くというときに天井をみたらなんとこんな風になってました。

f:id:rarirurehawaii:20191215120222j:plain



そして、見えてきましたー

f:id:rarirurehawaii:20191215120248j:plain



 

フライングホヌはほんとにかわいくて快適でした。

以上フライングホヌ搭乗記でした。

 

 



 

 

 

 

 

エンバシースイーツバイヒルトンワイキキ おすすめポイント

こんにちは

ラリルレハワイです。

 

今日はエンバシースイーツバイヒルトンワイキキおすすめポイントをまとめてご紹介しますね。

 

全室スイート

 

すべての部屋が寝室とリビングルームに分かれています。スイートとは豪華という意味ではありません。一般的なワイキキのホテルに比べると広さも十分ですし、リビングがあると部屋でくつろげます。1ベッドルームタイプと2ベッドルームタイプがあります。寝る時間帯がちがっても、お互い快適に過ごせます。

詳しくはエンバシースイーツバイヒルトンワイキキ部屋編で書いています。

rarirurehawaii.hatenablog.jp

 

朝食付き

 

すべての宿泊者に無料で朝食ビュッフェが提供されます。毎朝6:30-10:00までです。

私の一押しのポイントです。毎日のメニューはあまり変わりませんが、カジュアルで家庭的な朝ごはんです。

詳しくはエンバシースイーツバイヒルトンワイキキ朝食編で書いています。

rarirurehawaii.hatenablog.jp

 

プールが快適

 

プールの規模は大きくありませんが、プールサイドはゆったりしていますし、いついっても混んでいません。ビーチサイドでのんびりするのもいいですし、プールで思いっきりあそんでも大丈夫です。

 

イブニングレセプション

 

これも一押しポイントです。毎日、17:30-19:00無料お酒とソフトドリンクとちょっとしたおつまみが提供されます。

夕方、プールサイドで気軽にのんびりできて最高です。

 

場所

 

レストランやショップがたくさんあるワイキキビーチウォークに面していて、ビーチまで1~2分です。小さい子供やお年寄りの方でも、歩いて出かけるには便利な場所です。デリが充実しているABCストア38号店も目の前で、滞在中毎回お世話になっています。

 

チェックイン

 

私は2012年と2017年に宿泊しましたが、午前中の早い時間に到着しました。2回とも着いてすぐにチェックインでき、9時頃には部屋に入ることができました。部屋の準備ができていれば、チェックインしてもらえるのは、子連れや三世代の旅行だと助かりますよね。すぐにチェックインできたのは、部屋のカテゴリーのリクエストにこだわっていなかったからかもしれません。

今は、日本語デスクもあるようなので、その点は安心ですね。

以前私が泊まった時には、なかったサービスだったと思います。

 

 

残念ポイント

 

探してみましたが、みつかりません(;^ω^)

カジュアルな雰囲気が好きで、のんびりしたい子連れや三世代での滞在をする方たちには、とても良いホテルだと思います。

 

あえて言えば、長期滞在するには値段が高いというところでしょうか( ;∀;)

 

以上、エンバシースイーツバイヒルトンワイキキおすすめポイントでした。

rarirurehawaii.hatenablog.jp

 

エンバシースイーツバイヒルトンワイキキ 施設編

こんにちは

ラリルレハワイです。

今日はエンバシースイーツバイヒルトンワイキキ施設を紹介しますね。

 

 

まず、プールです。

プールはこぢんまりとしていますが、十分楽しめるプールだと思います。

大人だと足が余裕で届くプールです。深い所でも1.4メートルくらい。子供用の浅いプールジャグジーもあります。浮き輪やフロートは使えました。

 

リクライニングできるイスはプールの周りにたくさんあり、いつも空いています。

ゆったり過ごせて快適でしたよ。テーブルとイスも所々にありました。

 

プールサイドには黄色と白のストライプのタオルが山積みになっていて便利でした。

 

また、プールサイドにはバーがあり、軽食も食べることができます。

 

毎朝従業員の方がきれいに清掃していました。

とてもきれいで気持ちいいプールでした✨

 

 

また、エンバシースイーツバイヒルトンワイキキの魅力の一つにイブニングレセプションがあります。時間は17:30-19:00で、4階のプールサイドで毎日あります。

ビール(2種類ありました)、ワインカクテルなどのお酒が無料で飲めます。ソフトドリンクは機械で自由に飲めるので私も楽しめました。従業員の方がとても明るくて楽しいパフォーマンスをしながら、お酒をサーブしてくれます。チップをいれるところもあり、ほとんどの人がいれていたみたいです(;^ω^)

 

おつまみもすこーしですがあります。スナックとか野菜などです。

 

部屋に持ち帰っても飲めるので、部屋でデリを買ってきてゆっくりできるのもよかったです。

 

曜日によって生演奏もあり夕方の雰囲気はとてもよかったです。

 

ちなみにイブニングレセプションでの飲み物の提供はすべてプラコップでした。

 

 

エンバシースイーツバイヒルトンワイキキフラタワーとアロハタワーの二つに分かれています。フラタワーのほうがビーチに近い建物になります。

 

コインランドリー3階フラタワーとアロハタワーの両方にあります。洗剤も売っています。以前はクオーターをたくさん入れなければならなかったのですが、最近ではカード決済できるようになったようです。便利ですね。

 

各階にアイスディスペンサー自販機も廊下にあります。

 

 以上エンバシースイーツバイヒルトンワイキキ施設編でした。

rarirurehawaii.hatenablog.jp

rarirurehawaii.hatenablog.jp